二階堂ふみ 勝手に人相占いしてみた!色っぽい恋愛や性愛・情愛について期待出来そう!

こんにちは


オモテ ミノル です。

 


本日は、女優の 「二階堂ふみ 」さんを取りあげます。


二階堂ふみ さんは、

1994年 9月21日生まれの24歳です。

沖縄県那覇市 出身です。

 

2020年度前期放送の
「エール」で、NHK連続テレビ小説に初出演の予定です。

 


では、
オモテミノルの「二階堂ふみ 勝手に 人相占い」
の始まりです。


1、顔全体を見ていきます

 

まず、顔全体の印象ですが、

 

目鼻口ともに強烈な印象を与え、

鼻を除いては整った顔立ちをしている。

 

生存競争激しい芸能界を生き抜くパワーは、

唯一整っていない鼻がパワーの源と観た。

 

色っぽい恋愛や性愛・情愛について、

顔の各部位を見て行きたいと思います。

 


2、目相を見る

 

いつも通り目の周りを見て行くと、

まず 下瞼のふくらみは、ぷくっとと膨らんでいて、

情愛の力がとても強いことを表している。

 

また、目力も色っぽく、

前述の情愛力が益々つよくなる。

 

目頭の切り込みが無いので、

損得勘定での恋愛や情愛ではない。


つまり、自分の本能のまま突っ走るタイプである。

 

眉がつり上がっているものの直線的で、

目力も強いので、自分の性愛力に対して、

理性的になっているので、


今のところ 淫蕩面 では、突っ走らないですんでいるが、

自分の好きなタイプの男性が目の前に現れた時には、

果たしてどこまで理性的でいる事ができるか?

 


男性たるもの、一度はアタックしてみるのもアリ!かなと思われます。

時と場所しだいでは、つまり彼女の気分次第では可能性大である。

 


3、口相を見る

 

顔に対して口が大きく、歯も大きめで情緒に欠けるが、

やや出っ歯気味で勢いパワーがある。

 

それが芸能界で生き残るパワーと変化している。

精力抜群で何度でもOK!タイプ。

 

唇を見ると、肉厚で情愛タップリで、唇の細かな縦線が多い、

これは相手に喜んでもらう為なら何でもするタイプなので、

いろいろポーズでしてみるのも良し。

 

二人で楽しむためには、本音で楽しい会話を

しながらするのも一興だ。

 

沖縄県出身なので、情熱的で開放的で、

アノ声も大きく感きわまった時の表情を

ゆっくり観察することをオススメする。

 

唇の肉厚は、情愛的に相手に優しく接するタイプなので、

彼女の年齢を考えた時、若い割にはセイカンしている。
いや完成(カンセイ)しているw

 

彼女は、お芝居ではない時、

例えば、バラエティ番組に出演している時など、

時々目力が異常にパワーアップすることがある。


ちょうど、獲物を見つけた野獣のごとき

表情をすることがある。

 

こういう女性は、ひとたび肌の合う男性に

巡り合ったら もう大変である。

 

いつもその男性の事を一時も忘れず、

一心不乱にその男性へと猪突猛進である。

 

ただし、熱しやすい恋は冷めやすい!

この格言どおりに結末は見えているが、

見えてないのは本人だけ!

 

悲しいオンナの性(サガ)である。
あなかしこ、あなかしこ、チーン!

 


4、鼻相を見る

 

彼女の鼻を見ると、やや低めで鼻の頭が丸く、

肉付きが良い。

 

小鼻の張りも良いので、お相手の方に喜んでもらうために、

誠心誠意尽くす情愛で、気取ったタイプではない。

 

また、彼女の鼻は横から見ると、

鼻の付け根(山根・やまねと言う)が低い、

また鼻筋も反り気味だ。

 

この鼻相は、見栄っ張りで野心家で、

自分の欲しいものを手に入れるために

突っ走るタイプである。

 


5、耳相を見る

 

彼女の耳相は、典型的な めいきタイプ の耳相である。

特に、左耳がサイコーのめいき耳である。

 

口元の締まり具合や肉付きも合わせて考えると、

めいき間違いナシ!一押しであるwww

 

ただし、めいき耳ではあるが、

唇の厚さや出っ張った口元、

直線的に上がっている眉毛などから判断するに、


男性側から言えば、アゲアゲ満々相では無い。

 

 

2020年の連続テレビ小説「エール」では、

どんな演技を見せてくれるか楽しみである。


と共に、共演者や彼女の好みの男性が現れた時に

どんな事態が発生するか、

 

スタッフの皆様方は今から覚悟しておく

必要があるように思われます。

 

ではまた、
オモテミノルの「二階堂ふみ 勝手に人相占いやってみた!」は、

 


オモテミノルの個人的に 尚且つ 「勝手に人相占いをやって見た」

見解ですので、予めご承知おきください。

 


分からないところやご不明な箇所など
ございましたら遠慮なく、


このブログにコメントをください
お待ちしております。


ではまた
感謝いたします。

 

 

スポンサーリンク