ハーフ顔相特有のカワイイ中にも意思の強さが随所に表れている「 中条 あやみ 」 恋愛・情愛・性愛を 勝手に人相占いして観た!

2019年7月2日

ハーフ顔相特有のカワイイ中にも意思の強さが随所に

表れている「 中条 あやみ 」 恋愛・情愛・性愛を 勝手に人相占いして観た!

 

 


こんにちは

 


オモテ ミノル です。

 


本日は、「  中条あやみ 」さん を取り上げます。

1997年 2月 4日生まれの  22歳です。


女優、ファッションモデルなど幅広く活躍中です。

 


やっぱり私は、

「チア☆ダン〜女子高生がチアダンで全米制覇しちゃった

ホントの話〜」が印象に残ってます。

躍動的で カワイイ役柄が気に入ってます。

 


いろいろ興味津々で見ていきましょう。


では、
オモテミノルの

「  中条 あやみ  勝手に人相占い」の始まりです。

 

1、顔全体がハーフ特有の西洋人顔相

 

顔から受ける第一印象は、パッと見、

口が大きく目や鼻も大きいので、

とにかく造作が大きいので、

明るい性格でパワーがあることが分かります。

 

鼻筋が通り付け根が高い、

これは自分の理想も高く、

プライドも高いことを表している。

 

父が英国人、母が日本人で、

ハーフ特有の西洋人顔相の持ち主です。

 

男性的な角ばった額で、決断する力や意思の強さを表す。

 

ただ、額の上、生え際が乱れているので、

神経質で、上司や夫など目上の者に歯向かう面がある。

 

 

2、目相は優しい性格で情に流されやすい相である

 

眉相が優しいが、なかなか手強い性格ですので、

彼氏となる人は、よっぽどしっかりした

方でないとつとまらない。

 

上まぶたの肉付きが厚く、性愛好きがみてとれる。


下まぶたの張り具合はイマイチ元気がないが、

仕事が結構ハードだと推察される。

 

眉間や目と目の間も狭くないので、

人当たりは優しく、眼光も威圧感はなく、

ほどよく濡れた感じなので、

性愛に突っ走るのを抑えている。

 

目が大きく鼻の下が短く、

優しいくちびるの肉厚の相が、

お人好しで情にほだされて何でもするタイプ。



くれぐれも他人の口車には

乗らないように気をつけていただきたい。

 

 

3、口相は生活力があり活動的で、奉仕の精神タップリ!

 

上下のくちびるが肉厚で、とても印象的なくちびるをしていて、

口が大きいので、生活力があり活動的であることを表している。

 

また、くちびるには縦シワが多いので、

奉仕の精神が旺盛で、他人に惚れっぽい性格である。

 

また、歯が大きくアゴの骨格がガッチリとしていて

男性的なので、体力的には十分な性愛力を

持っているものと推測される。

 

口元も肉付きがよく、締まり具合がもっと

良ければめいきとなる所だが、

現状でも十分良好なムッチリとしたモノを持っている。

 

 

4、鼻相は理想高く、男性の誘惑にも強い!

 

鼻筋が通り、鼻の付け根が高いのは、

プライドが高く、自分の理想が高い事を表します。

 

そして、鼻に段々があるので、活動的で、

夫や上司に対して、闘争心をむき出しにして、

頑張る性格を表す。



鼻の下のタテミゾ(人中・にんちゅう)が深い、

これは男性からの口車には簡単に乗らない、

誘惑には強いということを表している。

 

5、耳相は性愛めいき良好!

 

めいきを表す耳の穴の形が、

キレイな形をしており、

生まれつきのめいきを表している。


ただし、性愛力はタフなので、

そこを十分に考慮して、取り組んでみてください。

 


6、女性としての人生相

 

アゴが細くて貧弱なので、晩年運は心配だが、

まだ若いのでこれから、ドンドン笑顔を作り、

いつもニコニコしていれば、

アゴの骨も丈夫に育って来ますので、


いつもニコニコ現金払い!の言葉のように、

笑顔を絶やさずお仕事に頑張ってください。

 

そうすれば、頬の幅も広く、肉付きも良いので、

家庭運に恵まれて行きます。

 

ただし、チョット気になったのは、

右目のタテ二個のホクロ、これは浮気心から生じて、

男難を表す凶ホクロであるので、

必要ではないホクロです。

 

何か機会があれば除去して

しまった方が良いと思われます。


このままでは、惚れっぽい情熱家で

男性ストーカーに悩まされかねない。

 

 

オモテミノルの

「中条 あやみ 勝手に人相占いやって観た!」は、


オモテミノルの個人的 且つ 勝手に人相占いを

やって見た見解ですので、予めご承知おきください。

 

 


分からないところやご不明な箇所など
ございましたら遠慮なく、


このブログにコメントをください
お待ちしております。


ではまた
感謝いたします。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク